不況に負けるな!家計を助ける救助隊。生命保険の見直し・相談・選び方

シングルマザーの保障について

生命保険,保険,見直し,相談,選び方,ファイナンシャルプランナー,無料相談申し込み,ライフプランニング,保険比較,安全性

シングルマザーの保障について

生命保険,保険,見直し,相談,選び方,ファイナンシャルプランナー,無料相談申し込み,ライフプランニング,保険比較,安全性

シングルマザーにとって。一番の不安とは、自分に『もしも』のことがあったら。。。ということでしょう。

『もしも』病気や事故で働けなくなったら・・・。
『もしも』突然命を落とすようなことがあったら・・・。
日々の生活や子供の将来。それを一人で頑張って背負ってる立場です。
考えたくなくても頭に浮かぶでしょう。

 

我々のところにも、そういった心配を抱え、ご相談に来られる方がいらっしゃいます。その相談のほとんどは。保障を増やしたい、でも高額なお金は払えない、将来の貯金ができない、といった内容です。

 

そういった場合に必ず確認させていただくことは、ご自身の公的保障や手当助成金に関してはどの程度知っていらっしゃいますか?・・・ということです。

 

もちろん、いざという時のために保障を考えることは必要です。しかし実際国や地方自治体から受けられる給付や援助の内容をよく知らないままの場合が多く、それを抜きにしては保障を考えられません。

 

まず。公的保障について。
一人親が死亡した場合、遺された子供が18歳未満の場合は公的保障があります。

 

国民年金加入者は遺族基礎年金が支給されます。子供一人の場合、月に約6.6万円。二人の場合、月に約10万円。
更に、厚生年金加入者は、遺族基礎年金に加え、遺族厚生年金が支給されます。
また、母親が障害者の認定を受けた時は、障害年金が支給されます。
このように、公的年金は、老後の生活のためにもらう年金のためだけでなく、
保険の役割もしているのです。
ですから、どんなに生活が大変でも公的年金保険料は支払うべきです。
また、どうしても支払いがきつい場合は、免除の制度もあります。
ただし、シングルマザーが自分の父親の扶養になったりした場合は対象外です。

 

次に、シングルマザーが利用できる制度を上げてみます。
18歳未満の子とその母は、医療費がかかりません。(処方された薬もお金はかかりませんが、薬の容器代はかかります)
ひとり親医療制度を申請すると、シングルマザーの入院費用は1日500円で済みます。
そう考えると、医療保険はいらないかもしれません。または、医療保険で受け取った日額を休んだ仕事の日給分に充てる、という考えもありますね。

 

他、自治体によって違いはありますが、児童扶養手当、所得税・住民税の減免(寡婦控除)。
市バスなど、交通機関の割引。粗大ゴミの減免制度。上下水道料金の減免。
保育料の免除。などなど。ぜひ、お住まいの地域で確認してみてください。

 

このように、自分の公的保障、手当金、助成金を理解した上で、不足分を生命保険などでカバーするようにしましょう。とくに、一番困るのは、大きな病気になって仕事が続けられなくなってしまい収入がなくなってしまうことかもしれません。社会保険加入者であれば疾病手当金が支給される場合もありますが、国民健康保険加入者にはそういった保障はありません。生活費に充てられるものを、生命保険で考えるべきでしょう。

 

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 相談の流れ 相談申込み 会社情報