不況に負けるな!家計を助ける救助隊。生命保険の見直し・相談・選び方

住宅を購入した時の保険の見直し方

生命保険,保険,見直し,相談,選び方,ファイナンシャルプランナー,無料相談申し込み,ライフプランニング,保険比較,安全性

住宅を購入した時の保険の見直し方

ずっと家賃を払い続けるくらいならいっその事買った方がいいか!と思って購入を決断した方も多いと思います。でも、やはり家計のスリム化は必須ですよね。

 

保険の見直し方

そこで考えられるのが死亡保障の見直しです。一般的に言いますと、一家の大黒柱であるご主人様にもしものことがあったら、遺されたご家族には生活費、教育費、そして住居費が必要になりますね。

 

ですが住宅ローンを利用して住宅を購入すると、そのローンには団体信用生命保険という死亡保障が付いてくるので残ったローンは全額返済されます。ご家族は住まいの心配から解消されますから、既にご加入中の生命保険を見直すチャンスなのです。

 

では、どんな見直し方法がいいか?これまで、更新型の定期保険に加入していた方であれば、収入保障保険への切り替えがお勧めです。これはご主人に万一の事があった場合に、お給料の代わりに毎月奥様に保険金をお届けするというものです。更新型ではないので、保険料の値上がりもありませんし、ケースによっては保険料総額で数百万円も減らせることもよくあります。

 

もうひとつのポイントとして、働けなくなってしまった時のリスクに備える保障を付加した方が良いでしょう。がんなど大病を患ってしまうと治療費が負担になるだけでなく、収入が減ってしまうというリスクがあります。でも住宅ローンの返済は待ってくれませんので、収入の一部を補填してくれる保障があると安心ですね。

 

これにはがんや三大疾病になった時に一時金で高額の保障が受けられる保険がお奨めです。団体信用生命保険にこの機能を付加できる場合もありますが中途付加はできないので、民間の保険会社で加入すると良いでしょう。

 

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 相談の流れ 相談申込み 会社情報