不況に負けるな!家計を助ける救助隊。生命保険の見直し・相談・選び方

夫婦型保険のメリット、デメリットについて

生命保険,保険,見直し,相談,選び方,ファイナンシャルプランナー,無料相談申し込み,ライフプランニング,保険比較,安全性

夫婦型保険のメリット、デメリットについて

生命保険,保険,見直し,相談,選び方,ファイナンシャルプランナー,無料相談申し込み,ライフプランニング,保険比較,安全性

最近、保険の夫婦型、家族型、という商品は、あまり見かけなくなりました。夫の保険に、妻あるいは家族の保険を特約として付ける方法です。

でも、この契約方法が良いか?悪いか?という質問はよくあります。

 

別々に入るのに比べたら、保険料が安いというメリットはあります。しかし妻の保障額は、夫の保障額より低い場合(6割など)が多いです。夫が日額5000円の医療保険に加入すると妻の保障は3000円だったりするのです。いざ、入院となってしまったとき、3000円で十分ですか?
さらに言うと、夫が死亡した場合、その保険自体が消滅する事がほとんどです。当然、妻の保障は無くなります。新しく保険に加入する事になるのですが、その時点での年齢で加入するので、当然同じ保障でも保険料が高くなってしまいます。また、それまでに病気などをしていると条件がついてしまったり、保険に入れないといった事も考えられます。

 

ある保険会社のがん保険にご加入されていた60代のご夫婦で、ご主人ががんになって先に他界されてしまいました。その際、奥様の保障は継続できるけど、亡くなったご主人の分も保険料を払ってくださいということで、月に1万円近い保険料を支払っている、という相談を受けたことがあります。その保険会社に問い合わせをしたところ、間違いはありませんでした。この奥様は、健康状態が良かったこともあり、別の保険会社で、単体の保険に加入し、保障内容も充実し毎月の保険料もだいぶ安くすることができました。

 

離婚した場合も同様に、妻の保障は無くなってしまいます。夫婦であり続けることが大前提、と言えるでしょう。
また、夫が再婚した場合、新しい妻がその保険の妻型の部分に入れてしまう保険もあり、女性にとっては気持ちの良いものではありません。

 

このようなデメリットがあり、毎月の保険料が安い、というメリットとバランスがとれていると言えます。

 

 

妻も十分な保障を確保すること、夫婦が同時に死亡する可能性は低いことを考え、保険は、それぞれ単体で加入されると良いでしょう。

 

 

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 相談の流れ 相談申込み 会社情報