ライフプランンと保険設計

ライフプランンと保険設計

保険見直し

 

ライフプランと保険設計

 

ライフプランにあった必要保障の変化(例えばこんな場合)

 

千葉県の佐藤さん(38歳主婦)は家の購入をすることになりましたが、もしもの時の子供二人の教育のことを考えるととても心配になりました。これから、中学、高校へと進学するにつれて一体いくらの出費が待っているのか想像もつかなかったからです。
もちろん、ご主人様は既に生命保険には加入していたのですが、保障内容はよくわからず、加入してから10年近く経つのに全く見直しをしていませんでした。当時とはライフプランもずいぶん変わってしまったのですが・・・。

 

万一の際に必要な額の算出方法

 

ライフプランに合わせた保険の設計方法

 

佐藤さんは下のグラフで見ると4番の時期にありますね。
保険グラフ図

 

ワンポイントQ&A

 

Q:高校、大学の頃保障が減ってしまうのは大丈夫なの?

 

生命保険,ライフプラン

 

A:例えば高校卒業ともなれば、あと大学4年分の学費があれば十分ですね。
お子さんが小さいほど大きな保障が必要なのです。実際に保障額を決めるには、
保険のプロであるファイナンシャルプランナーに相談するのがよいでしょう。


 

 

万日の際に必要な保障額の算出方法

「保険見直し110番」のFPに相談する


 

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 相談の流れ 相談申込み 会社情報