不況に負けるな!家計を助ける救助隊。生命保険の見直し・相談・選び方

FPが伝える身近なライフプランニング

生命保険,保険,見直し,相談,選び方,ファイナンシャルプランナー,無料相談申し込み,ライフプランニング,保険比較,安全性

FPが伝える身近なライフプランニング

生命保険,保険,見直し,相談,選び方,ファイナンシャルプランナー,無料相談申し込み,ライフプランニング,保険比較,安全性

今回は手帳選びと手帳の上手な活用法をご紹介します。

 

「仕事ができる人は、手帳を上手に活用している」とよく言いますよね。確かにデキル人は、話しながらもスッと手帳を出してこまめにメモをとる方が多い!
そして手帳と同時に付箋を上手につかっている人もよく見かけます。

 

☆先のプランニングを立てるのに有効

手帳には予定を忘れないようにするための備忘録の機能と、「この日までにこれとこれをやる」といったいような先の行動をプランニングするという2つの機能があります。

 

上手に手帳を活用している人に人気があるのが、時間軸で管理ができるタイプの手帳。時間軸の手帳は1日が30分や1時間単位に区切られているので、一目で空いている時間がわかります。
時間を視覚でとらえることができるので、空いている時間を有効に使えるし、プランニングもしやすいというわけです。

 

色やサイズもお気に入りのものを選びたいですね。気に入った手帳を使うと手帳に書くこと自体が楽しくなって、いつの間にか上手にプランニングができるようになるかもしれません。

 

☆書き込む習慣をつける

手帳を上手に活用するためには、まず書く(記す)習慣をつけることが大切です。
書く習慣がない人は、例えば為替や株価、金利、食べたものでもなんでもいいので自分で決めたものをとにかく毎日書き込んでみましょう。
書くことによって記憶に残りやすくなるので知らず知らずのうちにマネーセンスもアップするかも?
手帳を開く回数が増えると、同時に先のプランニングを考える機会も増えるので、無意識のうちに「空いた時間で○○をしよう。」というふうに上手に時間を使えるようになっていきます。

 

☆ひと工夫を

他にもちょっとした工夫で手帳がもっとパワーアップしたものになります。
まずは、色ペンの活用です。仕事の予定、自分の予定、家族の予定などを色ペンで色分けして書いていくと、何にどれくらいの時間を費やしているかがもっとわかりやすくなります。

 

次に付箋の活用。メモとして使う以外にも、はっきりしない予定は付箋に書いておいて確定したら手帳に記入するというような使い方も出来ます。

 

また、夢や目標を書いておくことも自分の意識を高めるには良い方法としてよく取り上げられていますが、これにも是非ひと工夫を。

 

夢や目標だけでなく、1年後、3年後、5年後など具体的な先のイメージを記しておくと、今月やっておきたいことや今週やっておきたいこと今日やっておきたいことのイメージもしやすくなってきます。
こうして手帳を使うとライフプランニングが明確になってきます。

 

手帳の活用の仕方で人生が変わるかも知れません。是非ちょっと意識してみてください。

 

 

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 相談の流れ 相談申込み 会社情報