不況に負けるな!家計を助ける救助隊。生命保険の見直し・相談・選び方

期待が高まる先進医療

生命保険,保険,見直し,相談,選び方,ファイナンシャルプランナー,無料相談申し込み,ライフプランニング,保険比較,安全性

期待が高まる先進医療

期待が高まる先進医療

会社員のAさんは、健康診断でがんが発見され治療することになりました。幸い早期発見であり、また主治医の先生の紹介で最先端の治療が受けられる病院の紹介を受けることができました。ところが・・・期待した最先端の治療の費用はなんと300万円!あなたならどうしますか?

 

がんを取り除くには、局所療法として「外科手術」で直接的にがんを取り除くか「放射線」でがんを殺傷する方法があります。がんの根治に威力を発揮する外科手術ですが、がんは単に治りさえすれば良いのではなく、社会復帰を十分に考えて、臓器や体の形をあまり損なわないように治療することがのぞまれます。例えば声帯がんを外科手術で切り取ってしまうと、普通に話すことは困難になりますが、放射線療法でがん細胞を縮小、消失させると、形や機能は損なわず、普通に話すことができます。

 

より良い放射線治療のためには、治療効果が大きく、かつ正常組織に対する障害の少ない放射線を用いなければなりません。ガンマ線など従来の放射線は患部への照射が弱いだけでなく、患部に至るまでに正常細胞の受ける損傷が無視できませんでした。これは従来の放射線の線量分布が身体表面近くでもっとも強く、深く進むにつれて減弱する特性を持つためです。一方、重粒子線はがん細胞を破壊する力が強く、通常の放射線に比べ2〜3倍の威力があります。よって通常の放射線では治りにくいと言われている抵抗性を示すがんにも効果的です。また、放射線の線量分布は、ある深さで急に強くなりますが、その前後は弱いので、ピークの部分をがんの患部に合わせることにより、正常組織の障害をは最小限に抑えられます。

 

がんは常に周囲の正常組織と複雑にからみ合っていますが、重粒子線の線量のピークの位置、高さを調整し、照射野を絞って腫瘍の形に合わせた照射を行うことにより、がん病巣を狙い撃ちすることができます。がんのまわりの正常組織にはほとんど重粒子線を照射せずに、ねらった標的だけに高い線量を集中して照射することが可能となるため、手術で切除することが困難ながんや、重要な器官の近くにあり通常の放射線では照射が難しいがんを治療することができます。
放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター病院(千葉県稲毛市)のホームページより

 

 

さて、がん治療に大きな期待を寄せられる重粒子線治療ですが、既に「先進医療」に認定されていて将来的に健康保険の対象となる事が予想される医療技術です。しかし、現段階ではその技術料は全額自己負担で300万円程度になります。従来の医療保険ではこの金額をカバーできませんでしたが、最近の医療保険では「先進医療特約」を付加されているものがあります。しかも特約保険料は月々わずか100円程度です!これは深く考えずとも付加しておくべきでしょう。例えばパンフレットで「先進医療の技術料として1000万円まで」と書いてありますが、これは技術料に応じて支払われるという意味で、通算で支払われる限度が1000万円までということになります。

 

但し、重粒子線治療と言えども局所療法の一つですので、既に他の部位に移転しているがんには余り用いられません。がんが浸潤、増殖しているまたは転移している時には、局所療法では不十分であり、がん細胞を薬で叩く「化学療法」や体の免疫力を強くし、がんの増殖を抑える「免疫療法」といった全身療法に期待することになります。

 

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 相談の流れ 相談申込み 会社情報